• グロースについて
  • 業務内容
  • 製品ラインナップ

(有)デンタル・ラボア・グロースより

Gross_Innen03
社名『Gross』とは、正確にはドイツ語で『Groβ』と綴られ、『大きい』や『凄い』などを意味します。小さな歯を人の手によって創造し、歯科医師の先生方の良きパートナーとして個々の患者様に提供する。それが我々『デンタル・ラボア』 の仕事です。

『歯』は人が身体的に成長し、さらに、生命を維持していくために不可欠なものです。我々が作る『歯』とは、言い換えれば人工臓器に値するものなのです。ここではとても肉眼では認識できないほどの精密な作業、熟練された経験と常に進化する新しいテクニックが要求されます。 その細やかな作業、気配りが必要であるが故に、心には大きなキャンバスをもって壮大な絵(夢)を描くことを願い『Gross』と名付けました。

しかし、創造性に富んだ芸術作品と歯科技工とは違います。
『患者様が納得できる歯』、『実際に装着する歯科医師の先生方が喜びを感じる歯』、『作り手(歯科技工士)が誇りを持てる歯』、患者様、そして歯科医師の先生方をはじめとする歯科医療従事者すべての方々に『Grossの歯』と云われる事がクリエイ ティブの証しだと思っています。作り手の自己満足にならない事を戒めとし、『これがマイスター歯科工房 Grossの歯である!』というポリシーとコンセプトを変えることなく、また永久に無くさないでいたいと考えております。

                 有限会社 デンタル・ラボア・グロース  代表取締役 ドイツ歯科技工士マイスター 大畠一成
                                                 (Ztm. Kazunari Ohata)

セミナー情報